韓非子の古典

サルでもわかるサプリ

韓非子の古典

韓非子の古典

韓非子はご存知でしょうか
韓非子とは中国、戦国末の思想家である韓非の言説を集めたものです。

韓非子は紀元前3世紀に書かれたものです。
彼は生まれながらに重度の吃音だったので
口で喋るのが苦手でした
普通の人ならこの時点で人生に対しネガティブに考えるかもしれません
ですが彼は
それなら文章で雄弁に語ろう!
と思い立ったのです。
何ともポジティブで楽天家でしょう。
それから猛烈な努力をし名文家となったのです。

人間の本性は悪である!!
という視点に立って
帝王たるモノが天下統一をするための秘訣を書いたのです。

しかしながらその書物は母国では評価されませんでした。
皮肉な事に彼のその素晴らしい才能を評価したのは敵国だったのです。
敵国の秦王政は
この人と一緒に語り合う事ができるのなら死んでもいい
とまで言い出したのです。
そして韓非は敵国に招き入れられました。

しかし、敵国の大臣が韓非のこの才能に嫉妬してしまい
自分より韓非が重要視され地位を奪われる事を恐れていました。
そこで大臣は讒言して韓非を入獄させました。
そして毒薬を送り自殺を韓非に強要しました。
ところが秦王政は後悔し、韓非を許そうとしたが
時は既に遅く韓非は死亡してしまいました。

その後、秦王政は韓非子を熟読し
やがては中国初の皇帝・始皇帝となったのです。

人間の生命について精神面について

ニューエントリー

その他の情報

おすすめの情報サイト

copyright(C)サルでもわかるサプリ